疲労臭対策に効果があるサプリとは

お酢を使って疲労臭対策をしよう

 

仕事などの疲れを癒やすようにしていますか?疲れが溜まってしまうと健康にも悪い影響が出てしまいやすいですし、仕事に集中することも難しくなってしまいます。さらに、疲れが溜まってしまうと体臭もかなり強くなってしまうということだってあります。

 

ですから、仕事から帰ったら、リラックスできる時間をしっかり確保するようにすることもとても重要になっているのです。また、お風呂の中で実践することができる体臭対策をしておくことも大切です。今回は、酢風呂を使った体臭対策の方法をご紹介します。

 

まず汗だけが体臭の原因になってしまっているとは限りません。上記でも書きましたが、疲労が溜まってしまっている時というのは、体臭も強くなりやすいです。例えば、運動をしてしばらくすると、アンモニア臭が出てしまったりすることもあるのですが、これは体が疲れてしまっていることが原因です。

 

このアンモニアの臭いを放つ体臭のことを疲労臭といいます。疲労臭が発生してしまうのは、ストレスや食生活が原因になってしまっていたり、体の中で乳酸が増えてしまって、筋肉が酸性になってしまっていることが原因だとされています。

 

筋肉以外にも、体内が酸性の状態になってしまうと、体の中でアンモニア臭増加をしてしまい、汗と一緒に放出されることになります。このせいで尿のような匂いを放つ体臭が生じてしまうのです。この汗腺の状態を正常にしたいのであれば、酢風呂がとても有効だとされています。

 

お酢をお風呂の中に入れるのですが、このお酢というのは、殺菌作用や疲労回復作用があります。まず殺菌作用で肌の表面の殺菌をして、弱酸性の状態にしていき、さらに疲労を取り除きやすくすることができるようになります。さらに、肌からクエン酸が吸収されることによって、アンモニアの臭いを抑制させることも期待できます。

 

この他にも、お酢には発汗作用もありますので、体の中の毒素や老廃物を排出しやすくすることも可能です。ですので、汗腺の異常を治しやすくすることができるようになるのです。このようにお酢風呂というのは、疲労臭などのような体臭に悩んでいる人におすすめの方法になっています。

 

お酢風呂に入る場合、お酢をどれくらい湯船の中に入れればいいのでしょうか?大体お酢はコップ1杯分で十分になっています。また、お酢風呂に入るのであれば黒酢や醸造酢を使うようにしましょう。黒酢を使うのであれば、湯船のお湯が200リットル位なのであれば、おちょこ1杯分くらいの黒酢を入れるだけでも十分です。黒酢はお酢の中でも特にクエン酸の含有量が多いですから、これくらい少量でも十分効果が期待できるようになっています。

 

ツボを刺激して疲労臭対策をしよう

 

足の疲れを解消させることによって、血液などの流れも良くなります。これによって、疲労回復をしやすくすることも可能になるとされています。体全体の疲労回復をすることができるようになれば、疲労臭のような体臭も改善させやすくすることができるようになるかもしれません。

 

マッサージをするときには血液の循環だけを良くしようと考えるのではなく、リンパの流れも改善していくように意識をするようにしましょう。血液やリンパの流れを良くすることによって、免疫機能を高めやすくすることも可能になります。

 

マッサージをするだけではなく、食事で抗酸化作用が高い食べ物を食べるようにすることで、疲労臭だけではなく加齢臭の改善をしていきやすくすることもできると言われています。ですので、しょうがやバナナ、アボカド、人参などのような、抗酸化作用が高い食べ物を食べるようにしましょう。

 

また、普段からツボ押しをするというのもおすすめです。疲労臭の改善効果が期待できるツボとして、次のようなツボがあります。

 

・湧泉
土踏まずから少し上に移動した箇所にあります。足の指を丸めたら凹む箇所があるのですが、ここに湧泉があります。このツボは結構を促進させる働きや、首のこりを改善してくれる働きを持っているだけではなく、疲労回復や気だるさなどに対しても効果があると言われていますので、積極的に刺激するようにしましょう。

 

なお指でツボを刺激するよりも、少し固めの丸いもので刺激を与えるようにしたほうが効果的です。ですので、ゴルフボールなどを踏むようにして、湧泉を刺激するようにしてみてください。この方法であれば、自宅にいる時だけではなく、仕事内容によっては仕事をしながらツボ押しをすることができるようになりますので、疲れがたまりにくく、疲労臭対策をしていくことも可能になります。

 

口臭と疲労臭は関係がある?

 

疲労物質やアンモニアが増えると、血液と一緒に肺にも送られることになります。これによって、排出される息と一緒にアンモニアや疲労物質も一緒に出てしまうことで口臭になってしまうのです。このように疲労臭というのは、体臭として排出されるようになるだけではなく、口臭としても出てしまうことになります。

 

アンモニアやピーナッツのような口臭になっていますから、話をしている時に相手に息が臭いと思われてしまっている可能性もありますので注意をしておかなくてはなりません。次のような状態に当てはまっているのであれば、口臭や疲労臭を放ってしまっているかもしれませんから注意をしておきましょう

 

・ストレスが溜まっている:家や仕事などでストレスを感じている
・疲れが溜まっている:偏食をしてしまっていたり、睡眠不足によって疲れが回復しない
・お酒を飲み過ぎている:会社の付き合いや夜の晩酌でかなりのお酒を飲んでしまっている
・太っている:普段から肉などのような脂質をたくさん摂取してしまっていて、肝臓に負担をかけている

 

これらの状態に一つでも当てはまっているのであれば、肝機能が弱くなってしまっていて、アンモニアや乳酸が増えすぎてしまっているかもしれません。自分で自分の体臭というのは、思っているよりもわからないものですから、普段使っている枕を臭ってみてください。

 

枕からアンモニアやピーナッツの臭がしているのであれば、疲労臭が出てしまっている可能性がとても高いと思っておきましょう。そして、疲労臭が発生してしまっているのであれば、口臭も強くなってしまっている疑いがありますので注意しておいてください。

 

口臭対策をしたいのであれば、水やお茶を飲むようにして、口の中の保湿をしておくことも大切です。また、食事をしたら歯磨きをするようにして、口腔内の清潔さを保つようにすることも重要になっています。

 

そして、疲労によって生じている臭さなのですから、疲労を回復させるようにすることがとても大切です。体や心が疲れてしまっているのであれば、しっかり休むようにしてください。

新着情報